TOP > おしえて骨粗鬆症:2.症状:3.症状は?

おしえて骨粗鬆症

2.症状

症状は?

身長の低下

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になると、背骨の骨折により身長が低くなったり、背中が丸くなったりします。もっとも身長が高かったときに比べて3㎝以上低下している場合には注意が必要です。
以下の症状がある人は骨粗鬆症による骨折の可能性があるため、医療機関を受診することが望ましいです。

身長の低下
骨粗鬆症の自己チェック

骨粗鬆症の症状としては、主に以下のような症状があげられます。
該当する症状がないか一度チェックしてみましょう。

こんな症状は
骨粗鬆症が疑われる
主な症状チェック項目

□ ちょっとしたことで
骨折するようになる

ちょっとしたことで骨折するようになる

□ 背中や腰が痛くなる

背中や腰が痛くなる

□ 背丈が縮んでくる
(3cm以上の身長低下)

背丈が縮んでくる(3cm以上の身長低下)

□ 背中が丸くなったり
腰が曲がってくる

背中が丸くなったり腰が曲がってくる

□ 壁に頭がつかない

壁に頭がつかない

身長が3cm以上低下している場合、壁に頭がつけられない場合には、背骨の骨折をしている可能性があるので、医療機関を受診することが望ましいです。

監修 : 鳥取大学医学部 保健学科 教授 萩野 浩先生