TOP > おしえて骨粗鬆症:2.症状:5.骨粗鬆症の検査

おしえて骨粗鬆症

2.症状

骨粗鬆症の検査

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は自覚症状があらわれにくいため、 早めに検査を受けて自分の骨の状態を確認することが大切です。

検査方法には「骨密度測定」、「レントゲン検査」、「骨代謝マーカーの測定」などがあります。

骨密度測定

骨密度[骨の量]は主に「DXA(デキサ)法」、「MD法」、「超音波法」によって測定されます。

DXA法  【所要時間:5~10分程度】

エックス線を使って骨密度を測定します。
部位別の検査機器があり、体のほとんどの骨の測定ができる全身用のDXA法、前腕部の測定を行うDXA法などがあります。
一般的には、背骨や腰、太ももの付け根、手首(利き手ではない方の手首)、手のひら、腰のいずれかで測ります。

全身 前腕部

MD法
【所要時間:約5分】

手を検査機器にのせ、エックス線で撮影し、得られた画像から骨密度を測定します。

MD法

超音波法
【所要時間:10秒~2分程度】

かかとの骨に超音波を当てて、超音波の伝わる速度から骨密度を測定します。
健康診断などで用いられます。

超音波法
レントゲン検査

主に胸や腰の骨のエックス線写真を撮影し、骨折の有無を確認します。

レントゲン検査
採血や検尿による骨代謝マーカーの測定

血液や尿の中に含まれる骨代謝に関係する成分[骨代謝マーカー]を測定して骨の代謝の状態を調べます。
骨の代謝とは、骨の破壊と骨の形成が繰り返されることですが、そのバランスが崩れると骨の量が減り、骨粗鬆症となります。
骨代謝マーカーの測定よって、閉経による急激な骨代謝の変化を確認したり、治療薬を選ぶときの基準としたり、治療効果を判定したりできます。

骨代謝マーカーで骨の代謝を検査

骨代謝マーカーで
骨の代謝を検査

監修 : 鳥取大学医学部 保健学科 教授 萩野 浩先生