TOP > おしえてロコモティブシンドローム:1.ロコモティブシンドロームとは:1.「ロコモ」って何のこと?

おしえてロコモティブシンドローム

1.ロコモティブ
シンドロームとは

「ロコモ」って何のこと?

ロコモとは

「ロコモ」は、ロコモティブシンドロームの略称で、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態を意味します。進行すると介護が必要になるリスクが高まります。

ロコモティブシンドローム
運動器ってなに?

「運動器」は、骨、筋肉、関節などから構成される器官(きかん)です。
自動車に例えると、運動器はボディ[車体]やタイヤのようなものです。骨、筋肉、関節などの各パーツが連携して働くことで、人間は自分の身体を自由に動かすことができます。
そのため、運動器の各パーツのどれが壊れても、身体をスムーズに動かすことができなくなり、日常生活に支障をきたす可能性があります。
したがって、運動器を健康に維持することがとても重要です。

「運動器」とは、自動車に例えるとボディ(車体)やタイヤのようなもの。
加齢により骨や筋肉の量は変化します
骨や筋肉の量は20歳代~30歳代でピークに達し、その後は加齢にともなって減少していきます。骨や筋肉の量が減少すると、40歳代、50歳代で身体の衰えを感じやすくなり、60歳代以降になると思うように動けない身体になってしまう可能性があります。
骨量の年齢変化の推移
筋肉量の減少は特に下肢(かし)[太ももの付け根から足のつま先まで]の筋肉で大きく現れます。
年齢にともなう下肢筋肉量の変化

監修:医療法人社団愛友会 伊奈病院 整形外科部長 石橋 英明先生