TOP > おしえて変形性膝関節症:5.予防:1.膝の機能を維持するための運動

おしえて変形性膝関節症

5.予防

膝の機能を
維持するための運動

変形性膝関節症の発症を予防し、発症した場合にもなるべく悪化させないようにするには、関節を動かす働き[可動性]や体重を支える働き[支持性]など、膝関節本来の機能を維持することが重要です。

そのための訓練には、大腿四頭筋[太もも前面の筋肉]を中心に膝関節周囲の筋肉を鍛える「筋力訓練」や、膝関節の曲げ伸ばしによって動かせる範囲を大きくする「可動域訓練」があります。

膝を悪くしないためには、関節に負担をかけないこと、関節本来の機能を維持することが大切です 膝を悪くしないためには、関節に負担をかけないこと、関節本来の機能を維持することが大切です
筋力訓練 筋力訓練
可動域訓練 可動域訓練

監修:新潟医療福祉大学 教授 大森 豪先生