おしえて骨粗鬆症

春菊のすだち酢あえ
春菊のすだち酢あえ

菊菜とも呼ばれる緑濃い春菊に季節の黄色の菊の花をあしらい、エビの赤を彩りに添えています。季節を目からも味わえるのが日本料理のうれしいところです。

1人分

エネルギー
約48kcal
カルシウム
約132mg
ビタミンD
約0.1µg
材料(2人分)
  • 春菊:1束

  • 菊花:4個

  • 本しめじ:1/2パック

  • エビ:1尾

  • 八方地:適量

  • すだち:1個

作り方
  1. 1. 春菊は葉だけをむしって、さっと茹でて水気を絞る。
  2. 2. 菊花は酢を入れたお湯でゆがいて水にさらし、水気を絞る。
  3. 3. 本しめじは表面を軽く焼く。
  4. 4. エビは頭を取り、表面だけ茹でて、氷水に取り、4つに切る。
  5. 5. 八方地にすだちを絞って加え、1、2、3、4を和える。
ワンポイント

八方地は調味料を合わせた便利なもので、このレシピでは[だし250cc、みりん15cc、薄口しょう油20cc、塩少々の割合]で合わせたものを使っています。

監修:女子栄養大学 栄養生理学研究室 教授 上西 一弘先生