TOP > おしえて変形性膝関節症:2.変形性膝関節症の検査と治療:お薬による治療

おしえて変形性膝関節症

2.変形性膝関節症の検査と治療

お薬による治療

変形性膝関節症のお薬による治療には、「外用薬」、「内服薬」、「坐薬」、「注射」が用いられます。
それぞれの薬の特徴と注意点をふまえた上で、膝の状態と患者さんの希望、身体全体への影響を考え、医師と相談して症状に応じた適切な薬を選択することが大切です。

薬物療法にはこのような薬が使われています
外用薬(塗り薬・貼り薬)

変形性膝関節症の治療で用いられる外用薬には、塗り薬や貼り薬があります。いずれも皮膚から薬の成分が吸収されて膝関節に作用します。

塗り薬にはクリーム状、ゲル状、スプレー状などのタイプがあり、皮膚の状態や使い心地によって使い分けます。
貼り薬には温熱タイプと寒冷タイプがあり、患者さんの希望により使い分けが可能です。ただし、腫れや熱感がある場合は、寒冷タイプを使います。

外用薬は皮膚炎を起こす場合がありますが、使用回数など医師の指示を守り、かゆみやかぶれなどが起きたらすぐ医師に相談しましょう。

外用薬
変形性膝関節症の痛みの原因

変形性膝関節症の痛みの原因は膝関節の内部と外部に分けられます。膝関節内部では、滑膜炎という炎症反応、半月板損傷や軟骨剥離など関節内部の組織の損傷、さらに骨棘(こっきょく)など変形による機械的な衝突や引っ掛かりなどが痛みを引き起こします。一方、膝関節外部では筋肉や腱の硬さ(拘縮)による慢性の炎症や部分的な損傷が痛みの原因となります。

変形性膝関節症の痛み 膝関節内部の痛み 膝関節外部の痛み 変形性膝関節症の痛み 膝関節内部の痛み 膝関節外部の痛み
外用剤(貼り薬・塗り薬)の
作用機序

外用剤は使用した表面の皮膚から吸収されて内部で拡散し、さらに一部は血流にのって周辺の組織に達して作用します。これを経皮吸収と言います。すなわち、膝に貼ったり塗ったりした場合には、外用剤の成分は膝関節周囲の筋肉や腱に広がりさらには膝関節内部にも達することになります。
現在使用されている外用剤には多くの場合に消炎鎮痛剤の成分が含まれていますので、変形性膝関節症の痛みの原因である膝関節の内部と外部の両方に効果が期待できます。

外用剤使用時の注意

①接触性皮膚炎

皮膚に塗り貼りした薬の成分の刺激により生ずるアレルギー性の炎症反応で、痒みや腫れ、発赤や熱感が出現します。使用後24~72時間くらいで症状が現れますが、1~2週間後に発症する場合もあります。
また、薬によっては使用した部分に日光などの紫外線が当たって皮膚炎が生じる場合もあり、光接触皮膚炎と呼ばれています。

②機械的刺激による皮膚障害

テープ状の貼り薬では粘着性が強いため剥がれにくいのですが、その反面皮膚表面が障害され、発赤や腫れ、時には水泡などを作る場合があります。

外用剤は内服薬に比べて局所的に作用し、胃腸への負担も比較的少ないため近年は変形性膝関節症の治療薬としても関心が高くなっています。しかし、気を付けなければならない点もあるため、使用に当たっては主治医の先生と相談のうえ正しい使い方を心がけることが大切です。

内服薬・坐薬

変形性膝関節症に対する主な内服薬としては、炎症を抑える効果のある非ステロイド性消炎鎮痛剤が使われます。
また、近年では異なる作用機序のある薬も使われるようになっています。

坐薬は肛門から挿入し直腸の粘膜から成分が吸収されて作用を発揮します。内服薬と同様に非ステロイド系消炎鎮痛剤の坐薬が主に使われています。

内服薬や坐薬には、胃腸障害をはじめ肝臓や腎臓などに影響を及ぼす副作用がみられる場合があります。医師の指示を守って正しく使い、体調に変化があった時はすぐ医師に相談しましょう。

内服薬・坐薬
注射[局所注射・関節内注射]

変形性膝関節症の治療で用いられる注射には、「局所注射」と「関節内注射」があります。

局所注射は、膝関節周囲の腱や靭帯など、痛みのある場所に麻酔剤や消炎鎮痛剤(ステロイド剤など)を注入し、痛みや炎症を抑えます。

関節内注射は、膝関節内にヒアルロン酸製剤やステロイド剤などを注入し、痛みや炎症を抑えます。

注射

※ 感染の危険があるので、主治医の先生の指示に従ってください。

関節における
ヒアルロン酸とコラーゲンの役割とは

美肌対策のテレビコマーシャルなどで誰もがよく耳にする「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」。
これらは皮膚をはじめ体のさまざまな部位に存在しますが、どちらも関節の構成要素として重要な役割を果たしています。

関節におけるヒアルロン酸とコラーゲンの役割 関節におけるヒアルロン酸とコラーゲンの役割
ヒアルロン酸は水分を蓄える力が大きい

ヒアルロン酸は保水性が非常に高く、肌の潤いやハリを保つ役割を果たします。
そのため、肌の保湿成分として化粧品などにも使用されています。

変形性膝関節症とヒアルロン酸の関係

高齢者に多い変形性膝関節症では、関節内のヒアルロン酸が減少している場合が多く、骨と骨がこすれ合うようになるため炎症が起こり、膝に痛みが生じます。
変形性膝関節症の治療では、ヒアルロン酸製剤の注射が行われることがあり、膝関節内のヒアルロン酸濃度を改善することで、膝の痛みを和らげる効果を期待できます。

変形性膝関節症とヒアルロン酸注射による治療イメージ 変形性膝関節症とヒアルロン酸注射による治療イメージ

監修:新潟医療福祉大学 教授 大森 豪先生

2020年12月作成