TOP > おしえて変形性膝関節症:3.検査と診断:1.診断はどのように行われるの?

おしえて変形性膝関節症

3.検査と診断

診断はどのように
行われるの?

変形性膝関節症は、整形外科において一般的に「問診」、「視診・触診」、「レントゲン検査」などを行った上で診断されます。

「問診」では、痛みなどの自覚症状に関して、いつ頃から膝のどの場所がどのように痛むか、日常生活でどのような支障があるのかなどを確認します。

「視診・触診」では、医師が膝に触って、痛みのある場所や関節の曲げ伸ばし、腫れの有無、関節の安定性などを確認します。

「レントゲン検査」では、膝関節の骨の状態を観察します。

変形性膝関節症の診断方法

上記以外の検査として、MRI検査、血液検査や関節液検査を行う場合があります。

MRI検査 血液検査 関節液検査

監修:新潟医療福祉大学 教授 大森 豪先生